ステイホームでも楽しめる庭キャン!IGTにユニセラをビルトイン!

バーベキュー

 

スノーピークのIGT(アイアングリルテーブル)にユニフレームのユニセラTGをビルトインしてバーベキューを楽しんでみました。

新型コロナの影響でステイホーム中でも自宅で庭キャンを満喫できる!

 

ポイント

スノーピークIGT(アイアングリルテーブル)にユニセラTGをビルトインさせる方法を解説します。

取付キットは簡単に自作できるので是非チャレンジしてみて下さい。

 

ユニセラをもっと使い勝手良くする方法

 

10年以上前に購入したスノーピークIGT(アイアングリルテーブル)とユニセラTGですが、今でも現役で使っています。

もっぱら庭キャンのバーベキューだけですが。。。

(50歳を過ぎると設営と撤収に疲れるので、もうキャンプに行く気力がなくなりました)

 

で、このユニセラをIGTにビルトインする方式ですと格段に使い勝手が良くなるのです

IGTの1ユニット分にユニセラをビルトインさせるのですが、

そのままではユニセラを固定できないため、アルミのL字と角材を使いフレームを作成します

 

この自作フレームは10年以上前に作成したのですが、アルミ製なので錆も出ないし軽いので

1回作成してしまえばずっと愛用できるアイテムとなります。

そしてとても簡単に作る事ができるので、IGTとユニセラをお持ちの方は是非作ってみて下さい。

 

あわせて読む
アウトドア薪ストーブの二次燃焼構造を検証!煙は本当に出ないのか!

  アウトドア薪ストーブを自宅の庭で使用する際、一番気になるのが煙ですね。 モクモクと黒煙が上がってしまうと近隣に迷惑がかかるし、通報されるかもしれません。 そこで今回は二次燃焼構造の薪スト ...

続きを見る

 

IGTにユニセラをビルトインさせるフレーム(金具)の作り方

 

材料と作り方はこちら

アルミ角パイプ(厚1mm) 12×25×360 2本
アルミL型アングル(厚0.8mm) 12×12×250 2本

*ホームセンターで容易に手に入ります。

 

この4本のアルミ材料を長方形に組むと、IGTの1ユニット分のスペースに乗せる事ができます

組付け方法は、私はリベットで固定させましたが、リベットが無い場合は、ドリルで下穴を開けて

タッピングビスで固定しても大丈夫でしょう。

 

アルミフレームが組みあがりましたら、IGTの1ユニットスペースに乗せ、そこへユニセラをビルトインさせます。

この時、ユニセラの片側の足は少し閉じなければビルトインさせる事ができないため注意して下さい。

また、炭はビルトインさせてから入れるようにします。

 

IGT(アイアングリルテーブル)とユニセラの相性は抜群

スノーピークのIGT(アイアングリルテーブル)には純正で各種炭火に対応するコンロが販売されていますが、私的にはこのユニセラが一番相性が合っていると思います

テーブルの高さよりちょっと高くなっている事と、焼きスペース的に2人から4人までであれば丁度良い感じがします。

そして何より見た目がGOODですね!

 

使用しているシーンを動画でご覧ください。

 

それでは今回は以上です。

コメント頂けると嬉しいです。お気軽にどうぞ。

あわせて読む
【笑's コンパクトグリル B-6君】専用グリルと組み立て方

  笑's コンパクト焚き火グリル 『B-6君』を購入したのは10年前 昔、キャンプにはまっていた時期があり、その時期の終盤の頃にB-6君の事を知り購入したのだがおそらく10年前の事だった。 B-6君 ...

続きを見る

合わせて読む
【2020秋冬】ファミリーキャンプでおすすめ!焚き火台ランキング10選!

  ファミリーキャンプで欠かせないアイテムの焚き火台ですが、今は様々なタイプが販売されています。 あまりに種類が多くなった焚き火台ですが、今回は売れ筋ランキング形式でおすすめ10選をご紹介い ...

続きを見る

 

【注意】ユニセラTGは在庫変動が激しいので購入はお早めに!

 

-アウトドア
-

© 2021 50代から考えるセカンドキャリア