DIYでインパクトドライバーを選ぶならマキタ18Vをおすすめする理由

 

今回はDIYにおすすめなマキタ18Vインパクトドライバーをご紹介します。

電動工具で有名な大手メーカーマキタのインパクトドライバーですが、実際にどんなグレードを購入すれば良いのか、バッテリーサイズはどれを選べば良いのか等の情報が分かりますので、是非参考にしてください。

 

  • 目次

・電動工具をマキタで揃えることをおすすめする理由とは

・DIYでおすすめするバッテリーサイズ紹介

・インパクトドライバのラインナップと仕様解説

・DIYでおすすめするインパクトドライバはこれ!

 

電動工具はマキタで揃えることをおすすめする理由とは

 

電動工具は業者が使用しているようなプロ仕様のものと、主にDIYや家具組立で使用される一般仕様のものがあります。

電動工具には様々なメーカーがありますが、マキタは国内で約60%のシェアを誇る有名メーカーで多くの方に愛用されています。

充電して使用する商品のラインナップが豊富で、1種類のバッテリーで様々な工具を動かせることが最大のメリットと言えます。

マキタはリチウムイオンバッテリーをどのメーカーよりもいち早く採用し、自社製品に組み込んだことがシェア1位を誇る理由の一でしょう。

また、建築現場で職人などの業者が使用しているインパクトドライバーは、マキタ製がほとんどです。リチウムイオンバッテリーの特徴から選ばれていることももちろんですが、インパクトドライバーのバッテリーがマキタの他製品に使用できることがポイントです。

例えば掃除機やラジオなど様々なマキタ製品に使用できることで、扱いやすいということもマキタが選ばれる大きな特徴といえます。家庭用においても、インパクトドライバのみならずハンディ掃除機も本体だけお持ちであればバッテリーは共有でき便利ではないでしょうか。室内でDIY作業を行い、木材の塵を掃除しなければならない場面で、インパクトドライバからバッテリーを外し掃除機にバッテリーを取り付ければすぐに掃除することができるのです。

 

ポイント

電動工具を同じメーカー、同じバッテリーシリーズで揃える事で作業効率が格段に上がります。

いろんな電動工具を揃える際、一つだけ「充電器セット」を購入しておけば、あとは「本体のみ」を購入すれば良い。

コードレス(充電式電動工具)は場所を選ばず作業できるので最大のメリットと言えます。

 

DIYでおすすめするバッテリーサイズ紹介

 

インパクトドライバは先述の通り、「リチウムイオンバッテリー」を使用しています。

このバッテリーのサイズと電圧は種類があり、どのバッテリーがおすすめか解説します

マキタのバッテリーサイズは

10.8V(ボルト)

14.4V(ボルト)

18V(ボルト)

このように3種類あります。

結論としておすすめは18Vです

理由は10.8Vや14.4Vよりも18Vは容量が多く長い時間作業が可能ですし、トルクも18Vの方が高く、パワー不足を感じさせない仕様になっており、職人などの業者が多く使うバッテリーです。

また、18Vは他の工具に付け替えることができる商品が一番多く、ライトやサーキュレーター、USBアダプタ、コーヒーメーカーなど掃除機以外にも便利な商品が多いのも特徴です。

 

マキタ インパクトドライバーのラインナップと仕様解説

 

マキタにどんなインパクトドライバがあるか紹介していきます。

 

充電式インパクトドライバ TD171DRGX

「作業性を追求、使いやすさの頂点へ」

18Vリチウムイオンバッテリー、最大締付トルク 180N・m、ビット振れ低減

楽らく4モード打撃モード切り替え4段階、防滴防塵アプト、カラー5種

 

充電式インパクトドライバ TD149DRFX

「ベーシックタイプ、さらに高性能。パワーアップ・小型化・タフ性能向上」

18Vリチウムイオンバッテリー、最大締付トルク 165N・m、防滴防塵アプト

カラー5種

 

充電式インパクトドライバ TD155DRFX

「軽量&スリムボディ。優れた取回し、使いやすさも重視」

18Vリチウムイオンバッテリー、最大締付トルク 140N・m、防滴防塵アプト、

楽らく3モード、カラー2種

 

 

DIYでおすすめするインパクトドライバはこれ一択だ!

(インパクトドライバー用ドリルビットを使えば穴あけもできます)

実際にどんなものを選べば良いのか大変悩むところですが、

おすすめは「充電式インパクトドライバ TD171DRGX(18V)」です。

なぜ数ある商品の中からこのインパクトドライバがお勧めなのか解説します

理由は多種多様な作業で使用することができ、バッテリーが他の多くの商品に使用できるからです。

TD171だけに付いている機能を解説

楽らく4モード搭載

  1. 木材モード(トリガ全開で「ゆっくり」締始め、自動変速し「最速」で一気に締付ける)
  2. ボルトモード(正転時はトリガONで瞬時に最速となり、逆転時はナットが緩むと自動停止する)
  3. テクス用薄板モード(ビス貫入後、打撃を検知し自動停止する機能)
  4. テクス用厚板モード(ネジの頭とび・カムアウトを軽減する機能)

 

打撃力4段階切替

最速 / 強 / 中 / 弱 とグリップを握ったまま切替も可能となっています。

ポイント

また、TD171は機能面だけ優れている訳では無く、6.0Ah 180N・mでパワーもクラストップです。

90mmのコーススレッドを打ち込む際には相当なパワーが必要になります。

 

今は本棚を作るだけかもしれませんが、もしかしたら近い将来ウッドデッキを作ることになるかもしれません。

どんな物を製作するのかにもよりますが、本棚などをDIYで製作する場合に使用する木材は、厚みが薄くビス打ちが容易なものがほとんどです。

最低限ビスが打ち込める容量のインパクトドライバでも問題はないでしょう。ですが、ウッドデッキやウッドフェンスをDIYで制作するとなると話は変わります。

ウッドデッキをDIYしようと考えるのであれば、固く厚みのある木材を数多く加工し、ビス打ちすることが必要になります。さらに住まいの修繕をDIYで行う場合も考えられます。

このように、使ったらすぐにダメになる商品ではなく、読者様のDIYのパートナーとして活躍することを考えれば、作業効率が高くなってどんな作業でも使用できるインパクトドライバをオススメします

今回のDIYで容量の小さいバッテリーや、トルクの弱い商品を買った場合、将来必要となった時に別のインパクトドライバの購入を検討しなくてはなりません。

この機会にどんな場面でも活躍する使いやすいインパクトドライバを購入することを強くおすすめ致します。

 

マキタTD171DRGXは私も愛用しています

 

マキタTD171DRGXを動画でも紹介します

 

マキタ電動工具の買い揃え方は

マキタの電動工具は「本体のみ」と「本体・充電器・バッテリー・ケースのセット」の2通り販売されています。

各電動工具を揃えるにあたり、最初に「本体・充電器・バッテリー・ケースのセット」を購入しておけば、次の工具は「本体のみ」を購入しても充電器とバッテリーは共用できるのです。

なので最初のセット品購入時は高価になり負担が大きいですが、次の工具購入の際はそれほど負担になる事はないです。

しかも、実はマキタのバッテリーは互換品がamazon等で安価で販売されているので、それを上手く活用するのも一つの方法です。

(互換バッテリーの使用はあくまでも自己責任です)

以上の事から、電動工具を揃える際は同じメーカーでバッテリー共通モデルを選びましょう。最初に購入するモデルが大事です。

そしておすすめするのがマキタの18Vシリーズです。

 

私が愛用しているマキタ18Vの電動工具

この記事
DIYでインパクトドライバーを選ぶならマキタ18Vをおすすめする理由

  今回はDIYにおすすめなマキタの18Vインパクトドライバーをご紹介します。 電動工具で有名な大手メーカーマキタのインパクトドライバーですが、実際にどんなグレードを購入すれば良いのか、バッ ...

続きを見る

合わせて読む
DIYでマルノコ(丸ノコ)選ぶならマキタ18Vをおすすめする理由

  今回はDIYにおすすめなマキタの18Vマルノコ(丸ノコ)をご紹介します。 電動工具で有名な大手メーカーマキタのマルノコ(丸ノコ)ですが、実際にどんなグレードを購入すれば良いのか、バッテリ ...

続きを見る

合わせて読む
DIYでマルチツールを選ぶならマキタ18Vをおすすめする理由

  今回はDIYにおすすめなマキタの18Vマルチツールをご紹介します。 電動工具で有名な大手メーカーのマルチツールですが、実際にどんなグレードを購入すれば良いのか、バッテリーサイズはどれを選 ...

続きを見る

合わせて読む
マキタ18V充電式噴霧器MUS104Dの感想・比較・辛口レビュー

  マキタの18V充電式噴霧器「MUS104D」を1年間使った感想とレビューです。用途は主に除草剤の噴霧。これまで使ってきた工進噴霧器との比較を交えて辛口レビューをしていきます。 噴霧器を購 ...

続きを見る

合わせて読む
DIYでディスクグラインダを選ぶならマキタ18Vをおすすめする理由

  今回はDIYにおすすめなマキタの18Vディスクグラインダーをご紹介します。 電動工具で有名な大手メーカーのマディスクグラインダーですが、実際にどんなグレードを購入すれば良いのか、バッテリ ...

続きを見る

・レシプロソー

・草刈機

*全てバッテリーが共用なので大変便利です!

 

ウッドフェンス・ウッドデッキ・パーゴラのDIY動画はこちら

 

DIYでも外壁塗装が可能?

合わせて読む
DIYでも外壁塗装が可能!?職人から聞いた失敗しない秘訣を徹底解説

  ポイント 新築から10年以上経ち、外壁の劣化が気になる! ご近所さんが塗装工事をしているところを見て「そろそろ家も…」と気になる! 「でも業者に頼むと高いって聞くし…できればDIYで塗れ ...

続きを見る

 

それでは今回は以上です。

コメント頂けると嬉しいです。お気軽にどうぞ。

 

-DIY
-

© 2021 50代から考えるセカンドキャリア