ベランダから雨漏れする前に!ベランダリフォームの防水工事を解説

 

住宅の防水工事はリフォームの中でもっとも重要な項目の一つと言えるでしょう。

何故なら外壁やベランダの劣化が原因で雨漏れが発生するからです。

この記事では私の実体験をもとに、ベランダからの雨漏れを対策する秘訣や、防水工事を行った場合の施工内容や期間、費用に関して解説します。

 

 

私が実際に外壁塗装をした記事はこちら

 

ベランダから雨漏れの体験事例

 

雨漏れのイメージとしては、屋根材がズレていることによって天井から雨漏れが発生したり、外壁の目地が劣化して雨漏れが発生する場合などがよく知られる原因です。ここで実際に私の家で起こったベランダからの雨漏れ事例を紹介します。

 

ベランダ床面から雨漏れ発生のリフォーム事例

私の家は2階建ての一般的な住宅。ベランダは主に洗濯物を干したりして活用していた。

新築から20年が経ち、ベランダの床面の汚れや浮きが気になっていた。ある大雨の日に、初めて雨漏れが発生。

ベランダ真下の玄関の電球から雨水がボタボタと落ちて来たのです。後日、晴れた日にベランダの床面をしっかり確認すると、浮いていた部分に亀裂が入っている。また、汚れていたところを掃除してみると、所々穴が空いてしまっている。

このままではまた雨漏れしてしまうため、外壁塗装と一緒にベランダの防水工事のリフォームを依頼した。

 

これはあくまで私の家の一例ですが、ベランダ防水面から起こる問題は、普段よく見る外壁の劣化よりも気付きにくい傾向にあります。

またこの事例のようにベランダ防水のリフォームだけでは済まなくなってしまうケースが多いです。

雨は天井裏の木材を伝って、真下ではなく離れた所で室内確認ができる場合があります。その際、クロスや天井が傷んでいるのと同じくらい天井裏も影響が出ていることが考えられるので注意が必要です。

意識していない所からの雨漏れは発生してから気づくことが多いため年に1回は必ずメンテナンス(清掃点検)を行いましょう。

 

なぜベランダからの雨漏れが起こるのか解説

 

なぜベランダの防水面から雨漏れが発生するのかについて解説します。

太陽光や気候の影響を受けて劣化

外壁や屋根は外装部分のため、太陽光や雨風にあたり劣化が早いという印象があるかと思います。

ベランダも同様で、同じく外にあり、屋根がない住まいが多いため劣化が早い箇所であることが特徴です。

特に紫外線の影響で劣化するケースが多いです。また、壁に当たった雨がベランダを伝って雨樋に流れていく住まいもあります。壁の汚れがベランダに残ってしまう場合もあるので、タイミングを見計って清掃することが必要です。

 

排水不良

雨水経路に落ち葉などのゴミが溜まっていたり、砂が固まって雨水の流れを塞き止めてしまっている場合、防水層に影響が出る場合があります。

また、温度変化によって水が溜まってしまい悪影響が出る場合もあります。清掃時にしっかりゴミを取ってメンテナンスを行いましょう。

 

歩行などによる負荷がかかっている

住人が歩いたり、エアコンの室外機を置いていたりと普段使いによる劣化も考えられます。

これにより防水表面に負荷がかかり、亀裂や浮きなどから雨が防水下に入り徐々に雨漏れに繋がるケースがあります。この点に関しても普段からメンテナンスを行い表面の状態確認を行ってください。

 

防水リフォーム工事の紹介

お住まいのベランダ防水はどのような処理がされているのか確認しましょう。

防水工事の工法を紹介します。

 

FRP防水

FRPとは繊維強化プラスチックの略称です。システムバスなどの浴槽にも使用されている素材で、身近な存在です。

ポリエステル樹脂上にガラス繊維素材で生成されたマットを敷き、樹脂を塗布しています。

特徴としては、硬い上に伸縮性は優れていない為、弾力がなく硬質です。伸縮性の低さからヒビが生じやすく、紫外線の影響によって傷みやすい傾向にあります。

 

ウレタン防水

液状のウレタン樹脂を塗布し、塗膜によって防水層を作ります。つなぎ目が出ず施工できることから、複雑な形の場所にも施工が可能です。

専用下塗り材(プライマー)を塗った後、ウレタン防水材を均一に塗布します。防水材は2、3回重ね塗りを行い、紫外線の劣化を防ぐためにトップコートを塗ります。

耐候年数はおおよそ10年で、トップコートの塗り替えが必要となります。

 

シート防水

防水性シートを敷設します。塩ビシートやゴムシートとなっており、厚みが2mm程度あります。

多い施工方法としては「密着工法」が挙げられます。下地材と防水シートに接着剤を塗り、直接下地に貼り付ける工法です。

ただし、下地の影響を直接受けてしまうことから、通気緩衝工法という工法を取り入れている会社もあります。

 

リフォームの際にかかる平米単価の目安は、FRP防水が4,000円から8,000円、ウレタン防水は3,000から8,000円、シート防水が2,500円から7,000円程度です。お住まいのベランダがどの防水処理をさえれちるのか確認して、現状に見合った防水リフォームが必要となります。

DIYで考えられる方もいらっしゃいますが、間違った施工を行うと密着が悪く悪影響を及ぼす可能性がありますので、リフォーム会社などのプロに任せるのが得策です。

 

参考

因みに私の家のベランダはウレタン防水処理を致しました。

 

対策とメンテナンスについて

 

ここまで防水処理の紹介や、メンテナンスをしないとどのような問題が起きる可能性があるのか解説しました。

最後に雨漏れ対策とメンテナンスに関して紹介します。

 

一定の期間で目視と清掃を行う

ベランダは掃除がしにくい場所ですが、ほかっておくと目に入りづらい箇所で亀裂が起きてしまったり、雨がたまりやすくなって劣化の目安を見逃してしまいます。

その為、1ヶ月に一回または3ヶ月に一回程度のペースで掃除をしましょう。掃除箇所は床面と雨樋に繋がる雨水経路です。

デッキブラシ等で優しく汚れを落とし、雨水経路に溜まっているゴミを取り除きます。その後、角や平面部に亀裂や浮き部分がないかチェックしましょう。

 

パネルタイプの敷物を敷く

ホームセンターなどで、四角いパネルの敷物が販売されています。木目柄であったり石目調であったりと見た目もおしゃれなものが多いです。

これを敷いておくことで、防水面の紫外線防止、保護に繋がります。安価な商材もありますので、デザイン性向上も兼ねてDIYしてみてはいかがでしょうか。

ただし、敷きっぱなしは避けましょう。雨が降った後は日光が防水面に当たらない為、雨が乾かず湿気ってしまいます。定期的に掃除をすることをお勧めします。

参考

これは実際に外壁塗装業者さんに勧められました。

 

業者に点検を依頼する。

毎月というわけにはいきませんが、一度も業者へ相談したことがない場合はプロの目線で劣化状況を確認してもらうこともお勧めです。

住まいの防水処理はどのようにされているのか、トップコートの塗り替え時期はいつ頃がお勧めなのか確認できます。

すぐ施工する必要がないのであれば、見積書はとっておいて時期が来たら再度依頼しましょう。

 

ベランダリフォームの防水工事のまとめ

 

ベランダ防水のリフォーム費用は広さや状況によって変動します。また施工方法によっては工期が長くかかる場合もあります。

見落としがちですが、雨漏れが起きて余計なリフォームが必要となる前に、セルフチェックを行って住まいの状態を見つめてみてはいかがでしょうか。

 

もし、今現在すでにベランダ床に異常があった場合は、早急にリフォーム業者へ点検依頼をすることをおすすめ致します。

リフォーム業者の当てが無い場合はこちら

優良リフォーム業者を簡単に探す

「リフォーム比較プロ」はサイトクロス張替えなどの小さなリフォームから全面改修まで全てに対応!
全国500社以上の登録リフォーム会社から近隣の優良業者を紹介し、最適な見積を提案してくれる比較サイトです。

公式サイトはこちら→日本全国で実績多数|リフォーム比較プロ
*もちろん見積依頼は無料です。

 

外壁塗装とベランダ防水工事の体験談はこちら

合わせて読む
【体験談】外壁塗装業者選びを一括見積サイトで?優良店と出会えるのか!

  外壁塗装一括見積を利用した体験談を教えます 私が実際に外壁塗装一括見積サイトを利用した体験談をもとに、一括見積サイトは優良店のみを紹介することの実証や、外壁塗装についての詳しい内容や塗装 ...

続きを見る

 

それでは今回は以上です。

コメント頂けると嬉しいです。お気軽にどうぞ。

 

-住宅リフォーム
-

© 2021 50代から考えるセカンドキャリア