外壁塗装で使用する塗料の種類やおすすめは?選び方や特徴と価格の解説

 

はてな

外壁塗装の塗料ってそんなに種類があるのかぁ 何が違うのかなぁ

 

 

ポイント

外壁塗装で使用する塗料を業者任せにしたくない

自分の家に合った塗料を選びたい

塗料の種類と特徴、一般的な価格を知りたい

この記事では外壁塗装で使用する大事な塗料の種類や特徴を専門業者監修のもとに解説しています。

塗料選びは、それぞれのニーズと特徴に合わせて選ぶ必要があるので、充分な検討が必要です。

 

私が実際に外壁塗装をした記事はこちら

 

外壁塗装で使用する塗料の種類と特徴

 

それでは塗料の種類と特徴について解説していきます。

 

アクリル樹脂塗料

軽量で重ね塗りがしやすい。光沢が有り、発色しやすい、などの特徴があります。

他の塗料にくらべて価格が最も安価となりますが、耐用年数が5~7年と短ので、最近はあまり外壁には使われなくなりました。

ただ、頻繁に外壁を塗替える場合等に適しています。

 

ウレタン樹脂塗料

アクリル樹脂塗料より価格は少し高くなりますが、耐用年数も5~10年と少し長くなります

汚れにくい性質があり、柔らかい素材なので、密着性に優れていて複雑な形状の外壁に適しています。

モルタル、鉄、アルミ、コンクリートの外壁とも相性がよく、弾力があるので木材にも塗装可能です。

シリコン塗料との価格差が僅かなため外壁塗装では使用頻度は少なくなってきています。

 

シリコン樹脂塗料

主原料がシリコン樹脂でできているので、艶ありタイプは艶を長期間維持し、色あせしにくいので光沢がある仕上がりに向いています。

耐用年数は10年~13年とウレタン樹脂塗料より少し長持ちするようです。

フッ素塗料より価格は安く、ウレタン塗料より耐久性が良い。

また、四季によって変動する天候・気候に対する抵抗力も強く、透湿性が良い(湿気を通しやすい)のでカビや藻が生じにくく、内部の結露防止に役たちます。

性能と価格のバランスに優れていて、最近外壁塗装に使用される頻度の高い塗料です

 

ラジカル制御塗料

ラジカルとは、塗膜が酸素や紫外線、水に接触することで発生する物質で塗膜が白い粉になるチョーキング現象を引き起こします。

このラジカル塗料には高耐候酸化チタンが配合されていて、ラジカルを内側に閉じ込める性質があり、塗膜の劣化を防ぐことができます。

シリコン塗料と同じ位の価格で耐久性はシリコン塗料とフッ素塗料の間くらい。耐用年数は12~15年です。

シリコン塗料やフッ素塗料に比べると新しい種類の塗料で、塗装の実績が少ないですが、性能の高さから、急速に普及した塗料です。

 

フッ素樹脂塗料

耐摩耗性が高く、光沢を長く保持することができます。(シリコン塗料の光沢は10年で20%減少するがフッ素塗料は20年で10%減少)

耐熱性・耐寒性が高いためあらゆる気候に対応できます。

耐酸性があり紫外線にも強く親水性がるので汚れが付着しても雨で流れ落ちるためメンテナンスの手間が少なくて済みます。

シリコン塗料やウレタン塗料に比べ価格が高ですが、耐用年数は15~20年と非常に長い塗料です。

 

無機ハイブリット系塗料

外壁の塗料で一番の課題だったのが紫外線による劣化対策でした。無機物は紫外線が当たり続けても劣化しにくいという性質を持っています。

ですが無機物は外壁に塗り付ける事ができないため、有機樹脂の中に無機物を混ぜて作った塗料が無機塗料。

実際には有機と無機の混合なので、メーカーによっては無機ハイブリッド塗料と呼んでいるようです。

紫外線で劣化しないという無機物の特徴を生かし耐候性、防汚性、不燃性、変色しにくいなどの性質があり、耐用年数も20年~23年、価格も最も高い塗料です。

 

外壁塗装に使用する塗料の選び方

 

私が塗装業者から提示された見積書は3種類でした。

それぞれの塗料の特徴や価格を丁寧に説明して頂きました。

提示された見積3種類とは、

シリコン塗料

フッ素塗料

無機ハイブリット塗料

この塗料3種類の中から、それぞれの特徴や耐用年数を考慮しながら価格と相談して選ぶという内容です。

優良業者の場合はほぼこのような形で何種類かの見積を提示して各塗料の説明をしてくれると思いますが、一方的に1種類の見積しか出してこない業者には気を付けた方が良いかもしれませんね。

 

外壁塗装に使用するおすすめ塗料とは

 

バランスで選ぶなら

おすすめ塗料は、シリコン塗料です。

価格と性能のバランスが良く、外壁塗装に最も多く使用されている塗料です。

 

とにかく安くあげたいなら

おすすめの塗料はアクリル塗料です。

外壁の色を頻繁に変えたいなど短いサイクルで塗装する予定の方、数年後に取り壊しが決定している場合などには、良いでしょう。

 

高価でも塗替えのスパンを長くしたいなら

おすすめの塗料は無機ハイブリット系塗料です。

外壁塗装を長持ちさせて塗替えのスパンを長くしたい、長く綺麗な状態を保たせたい場合は価格は高いですが無機ハイブリット系塗料がおすすめです。

 


このように塗料を選ぶ基準はその家々で様々だと思われます。

塗装業者と良く相談して決めるのが良いと思います。

業者によっては、快く値引きに応じてくれる会社もありますので、

よろしかったら私の外壁塗装の体験談を読んでみて下さい。

合わせて読む
【体験談】外壁塗装業者選びを一括見積サイトで?優良店と出会えるのか!

  外壁塗装一括見積を利用した体験談を教えます 私が実際に外壁塗装一括見積サイトを利用した体験談をもとに、一括見積サイトは優良店のみを紹介することの実証や、外壁塗装についての詳しい内容や塗装 ...

続きを見る

 

-住宅リフォーム
-

© 2021 50代から考えるセカンドキャリア