塗替えサインを見逃さない外壁塗装の最適な塗替え時期や季節とは

 

この記事では、私が実際に外壁塗装をした実体験を元に詳しい内容や適切な時期について解説しております。

マイホームにとって外壁塗装は最も重要なメンテナンスであり、長く快適に住み続けるには大事なリフォームとなります。

 

こんな疑問にお答えします

・築10年以上のマイホームで外壁が粉っぽくなってきたという方

・最適な外壁塗装の時期はどのくらいなの?

・外壁塗装をする際に避けた方がいい季節はある?

 

この記事を最後まで読めば理解できます

 

 

私が実際に外壁塗装をした記事はこちら

 

外壁塗装の最適な時期とは

 

住宅を長持ちさせるには、定期的にメンテナンスが必要です。

内部に比べて外壁は風雨や日差しに晒されて、劣化が早い箇所です。外壁の防水性が失われ雨漏りすると、住宅の寿命よりをより短くしてしまう原因になりますので、適時に塗り替えをする必要があります。

外壁を塗装することは、外観を良くするためのだけでなく、防水幕を形成して外壁材を保護することと、住宅の中に雨が浸入するのを防ぐためです

 

最近外壁が色褪せしてきた、壁にひびがある、藻やカビが付いている。など気になることがありませんか?

それは、外壁塗装のサインです。

 

外壁メーカーが公表している耐用年数以内でも、その土地により風雨が強かったり、周りに日差しや風を遮るものがない場合、塗装面の劣化は早く進んでしまっていることがあります。

外壁を触ったときに手に、白い粉がついてきた場合、「チョーキング現象」と言い、塗装がかなり劣化して、防水性が低下した状態です。

チョーキング現象」の原因は塗装面が風雨や紫外線や熱に長年晒されることにより、塗装が劣化して塗料に含まれる顔料が粉状になり表面に出てくることで起きます。

まだ、この段階ならば塗装の上塗りですみます。

 

外壁塗装の劣化を放置すると最悪は・・・

 

しかし、そのまま放置すれば、外壁の隙間や割れ目雨水が建物内部に侵入して雨漏りするようになり、大掛かりな補修が必要となります。

外壁材には、住宅で主に使用されるのは、モルタル塗り仕上げと、サイディングボード張りがあります。

どちらも、外壁材だけでは防水性がないのであらかじめ塗装をしてあるのです。

 

では塗装面が劣化して防水性を失ってしまうとどうなるのでしょう

モルタル壁塗りの場合

モルタルは多孔質の材料なので雨に当たると水を吸いこんでしまいます。

そのまま濡れたままの状態が続けば、外壁表面に苔や藻が発生します。

また、モルタル内部に吸い込まれた水が冬に気温が下がり凍結するとモルタル壁が割れて雨漏りするようになります。

サイディングボードの場合

多くの住宅で使用されているサイディングボードには、窯業系サイディングと金属系サイディングがあります。

窯業系サイディングはセメントと繊維質で作られているので、吸水性があり、水を吸って反って浮き上がったり、剥がれてしまいます。モルタル壁同様に冬外壁材内部の水が凍結により割れて、雨漏りするようになります。

金属系サイディングは、鉄やアルミで作られているのがほとんどで、塗装なしでは、風雨晒されると、錆びてボロボロになって雨漏りするようになります。

コーキングの劣化も危険

サッシと外壁材の間や外壁材同士の間にあるコーキングも長年の紫外線や風雨に晒されて塗装材同様に劣化し割れたり、剥がれたりして雨漏りします。

劣化を放置すると

雨水が壁の中に侵入してしまい、壁内部の湿度が高くなると木材腐朽菌やシロアリが繁殖する原因になる事も。

木材腐朽菌は木材の主成分である、セルロース・ヘミセルロース・リグニンを分解する菌のことで、木材を腐せて、ぼろぼろにしてしまいます。

シロアリは、木材を食べるので木材部分が無くなってしまいます。

外壁材の下地部分が無くなれば、外壁材が剥がれ落ち、さらに柱・梁・土台等構造上大事な部分がなくなると、建物の強度が低下して住宅が危険な状態になるのです。

さらに断熱材まで影響が

多くの住宅で外壁の断熱材として使用されている綿状のグラスウールは、水に濡れると表面張力や毛細管現象で水分を吸ってしまいます。

グラスウールは、グラスウール繊維の間に入っている小さい空気の塊によって断熱性を保っているので繊維の間に水が入ってしまうと、空気の塊が無くなり断熱性能が無くなってしまいます。

さらにグラスウールは、水を吸うと重くなり下がって外れてしまうのです。

また、一度水を吸ったグラスウールはなかなか乾かないので、壁の中にカビが発生して家の中がカビ臭くなります。

最悪は全て交換するしかなくなりますね。

そして最後は内壁まで

内部の壁にまで水が浸入してくればクロスに水が染み込みシミができ、クロスの接着に水が染み込むと接着力がなくなり剥がれてきてクロスまで張替えなければならなくなります。

 

参 考

実際私の家は外壁が水を吸い込み、断熱材まで影響が出ていました。

外壁のチョーキング現象が発生したら危険信号ですよ。

 

 

塗装に適した環境や季節・時期とは

 

外壁塗装をするには、気温5℃以上、湿度85%以下という塗装周囲の環境が必要です。

適切な環境で塗装をしなければ、塗装面が剥がれやすくなる、「かぶり現象」(白化)が起こるなどの不具合が出てきます。

塗料は乾燥することによって塗膜を形成すます。

 

かぶり現象とは

「かぶり現象とは」白化現象とも言い、塗装面が白くボケたり、艶が無くなり白っぽく見えることです。

塗装面は塗料に含まれるシンナーや水などの溶剤が蒸発するころにより硬化して、塗膜を形成していきます。

気温5°C以下で塗装してしまうと、硬化しきってない塗装面に結露が発生し塗料に水が染み込んでしまうことで起こってしまいます。

なので気温が低くなる冬や、湿度が高くなる梅雨の季節は、外壁の塗装は良くないんです

 

雨が多い梅雨時期は避ける

外壁塗装は雨が降ると作業できません。

作業自体は通常であれば約2週間ほどで完了しますが、途中で雨が降ったりするとその日は作業中止となり、その分日程が遅れてしまう事になります。

自宅がいつまでも足場と養生ネットで覆われているというのも、何かと支障をきたしてしまうので、できれば雨の多い梅雨時期は避けた方が良いでしょう。

 

【まとめ】危険サインを見逃さない外壁塗装の最適な時期とは

 

住宅の外壁塗装は、風雨・熱・紫外線などの影響で劣化し防水性を失っていきます。いわゆる経年劣化ですね。

そして外壁が防水性を失えば、住宅内部への漏水(雨漏れ)の原因になります。

その状態を放置すれば住宅が重大なダメージを受け、過大な(余計な)修繕費がかかってしまいます。

そうならないためにも、外壁塗装の劣化のサインを見逃さずに、少しでも劣化を感じたら、専門業者に調査を依頼し、適切な時期に適切な補修をすることが大切です。

 

専門業者(塗装業者)の当てがなかったら?

今回、実際に私も自宅の外壁塗装をしましたが、高品質の塗料を使って格安で施工して頂ける業者を見つける事ができました。

優良塗装業者と出会えた話はこちらの記事で紹介しております。

合わせて読む
【体験談】外壁塗装業者選びを一括見積サイトで?優良店と出会えるのか!

  外壁塗装一括見積を利用した体験談を教えます 私が実際に外壁塗装一括見積サイトを利用した体験談をもとに、一括見積サイトは優良店のみを紹介することの実証や、外壁塗装についての詳しい内容や塗装 ...

続きを見る

 

それでは今回は以上です。

コメント頂けると嬉しいです。お気軽にどうぞ。

 

-住宅リフォーム
-

© 2021 50代から考えるセカンドキャリア